主婦の友社小史

1916年
(大正 5年)
9月
石川武美(たけよし)により、「東京家政研究会」創業。
出版事業始まる。
1917年
(大正 6年)
2月
『主婦之友』創刊。菊判(A5判)120P、部数1万部。定価15銭。
10月
代理部創設(通販事業の母体、読者サービスのため)。
12月
『主婦之友』7年新年号発売(定価40銭)。
~初めて別冊付録『開運独占ひ』(定価15銭)をつける。
1921年
(大正10年)
5月
社名を「主婦之友社」と改める。
1923年
(大正12年)
6月
新社屋に移る(千代田区神田駿河台1-6)。
9月
関東大震災で社屋焼失。仮社屋に移り、雑誌出版を継続。
1924年
(大正13年)
11月
株式会社主婦之友社設立。
1925年
(大正14年)
11月
新社屋完成、移転。
1929年
(昭和 4年)
11月
『主婦之友』12月号巻末に出版界初の年間総目次をつける。
1930年
(昭和 5年)
9月
『昭和六年用・模範家計簿』刊行(定価60銭)。家計簿刊行の始め。
1931年
(昭和 6年)
1月
『主婦之友』2月号から毎号の別冊付録始まる。
11月
『主婦之友』12月号に初めて家計簿の付録をつける(定価50銭)。
1943年
(昭和18年)
6月
『主婦之友』7月号で、最大部数163万8800部。
1946年
(昭和21年)
5月
石川数雄 社長就任。
1948年
(昭和23年)
8月
『主婦之友』9月号に戦後初の別冊付録『子供服と赤ちゃん物百種』(定価40円)。
1953年
(昭和28年)
12月
『主婦之友』29年新年号よりタイトルを『主婦の友』に改める。~社名も「主婦の友社」に。
1956年
(昭和31年)
2月
『主婦の友』3月号より大判化(B5判)、誌名を横書きに(定価135円)。
1963年
(昭和38年)
12月
『主婦の友』39年新年号より、表紙が美人画から女優のカラー写真にかわる。~モデル佐久間良子(定価250円)。
1964年
(昭和39年)
7月
『主婦の友』8月号より、表紙に「結婚したら」のキャッチフレーズをつける。
1965年
(昭和40年)
12月
主婦の友ビル開館。お茶の水図書館開館。
1966年
(昭和41年)
12月
『主婦の友』42年新年号より、第二の大判化(AB判)。
1970年
(昭和45年)
5月
若い女性向け雑誌『アイ』創刊(54年11月休刊)。
1973年
(昭和48年)
4月
『園芸ガイド』創刊。
10月
『わたしの赤ちゃん』創刊(平成14年休刊)。
1976年
(昭和51年)
9月
『わたしの健康』創刊。
1977年
(昭和52年)
6月
石川晴彦 代表取締役社長就任。
1978年
(昭和53年)
11月
『ふたりの部屋』創刊(61年『PLUS1』に誌名変更 )。
1984年
(昭和59年)
5月
『ef』創刊。
1985年
(昭和60年)
3月
本社、新社屋へ移転(千代田区神田駿河台2-9)。
1986年
(昭和61年)
10月
『Balloon』創刊(平成14年休刊)。
1987年
(昭和62年)
10月
旧社屋跡に、カザルスホールをもつお茶の水スクエアオープン。
1988年
(昭和63年)
5月
『Ray』創刊。
1988年
(昭和63年)
11月
『PLUS1』別冊として、『雑貨カタログ』発行(平成4年から季刊)。
1990年
(平成 2年)
6月
『Como』創刊。
1992年
(平成 4年)
6月
石川康彦 代表取締役社長就任。
1993年
(平成 5年)
1月
『主婦の友』2月号からリニューアル。「あなたの知恵と体験がつくる生活役立ち誌」として、内容を一新(定価500円)。
1994年
(平成 6年)
6月
臨時増刊『新米主婦の友・1000万円貯まる本』刊行。
1995年
(平成 7年)
9月
中国軽工業出版社から、中国版『Ray』創刊。
1996年
(平成 8年)
3月
『Cawaii!』創刊。
1999年
(平成11年)
3月
村松邦彦、代表取締役社長就任。
~通信販売部門を分離、別会社化し「株式会社 主婦の友ダイレクト」設立。
5月
株式会社 角川書店と販売業務提携。
2000年
(平成12年)
4月
『話を聞かない男、地図が読めない女』刊行。~のちにダブル・ミリオンセラーとなる。
9月
『S Cawaii!』創刊。
2001年
(平成13年)
3月
『mina』創刊。
11月
『ゆうゆう』創刊。
2002年
(平成14年)
3月
株式会社角川書店との業務提携を終了。
5月
書籍『新実用シリーズ』刊行開始。
10月
『Pre-mo』『Baby-mo』創刊。
2003年
(平成15年)
5月
『Hana*chu→』創刊。
2005年
(平成17年)
10月
『GISELe』創刊。
2006年
(平成18年)
6月
『ef』を、Webマガジン『デジタルef』として開始。
2007年
(平成19年)
6月
神田高志 代表取締役社長就任。
10月
書籍『新きほんシリーズ』刊行開始。
2008年
(平成20年)
5月
『主婦の友』休刊。
2009年
(平成21年)
3月
荻野善之 代表取締役社長就任。
2013年
(平成25年)
9月
社屋を文京区関口に移転。

※2013年9月現在