清々しい読後感を約束!戦後間もない昭和24年にタイムスリップした女子高生がプロ野球を目指す青春ストーリー

㈱主婦の友社は2017年2月1日(水)に、コミック『なでしこナイン1』(https://www.amazon.co.jp/dp/4074204304?tag=shuf-22)を発売いたします。

戦後日本に存在していた「女子プロ野球」。史実を元にアレンジを加えたSF青春ストーリー



天真爛漫な野球少女で女子高生の白井球子が、突然、昭和24年にタイムスリップしてしまうところから物語はスタート。困惑する球子は、同じく野球をする少女、早川春子と出会い野球チームを結成することに。「女が野球?」という世間の感覚から、見世物となってしまう試合に、猛練習を繰り返し本気でぶつかっていく選手たちーー。
昭和25年に開幕し、戦後日本に実在した「女子プロ野球」という史実をベースに、現代の女子高生球子と、その時代の女子が野球に打ち込んでいく様子が清々しく描かれます。

 

昭和タッチの画風が、新鮮!

本作の著者である東元が描く画風は、ちょっぴり懐かしいタッチが特徴。戦後日本という時代の雰囲気を見事に引き出し、物語を盛り上げます。

単行本だけのスペシャル特典つき!

単行本でしか読めないスペシャル特典は、主人公球子が所属する野球チーム『東京キスリングス』の遠征写真アルバムに加え、遠征中の選手の素の様子が見られるショートストーリーとなっています。8ページのボリュームで展開され、本ストーリーに登場する選手たちに深みを加える必見の内容となっています。
野球好きの方、昭和テイストが好きな方、爽やかな青春ストーリーが好きな方に満足いただける、女子版青春野球コミックです。

 

著者プロフィール

東元(あずま げん)
漫画家、イラストレーター。1961年、大阪府生まれ。1985年、「月刊漫画ガロ」にて『夢奏華』(むそうばな)でデビュー。その後一貫して、懐かしくモダンな日本の文化・風俗をテーマに執筆活動を続けている。そのユニークな画風は、漫画のみならず、小説の装画や挿絵等でも評価が高い。現在、「週刊漫画TIMES」(芳文社)で『かよちゃんの駄菓子屋』を不定期連載中。

 

書誌情報

なでしこナイン1
発売日:2017年2月1日(水)
価格:本体648円+税
http://www.amazon.co.jp/dp/4074204304?tag=shuf-22
ISBN:978-4-07-420430-4