朝or夜、やせるための運動はどちらがいい? リオ五輪日本代表トレーナーが教える 「やせぐせ®」とは!?

このたび株式会社主婦の友社は、『人生が変わる、読むやせぐせ®』沢田大作著(https://www.amazon.co.jp/dp/4074198398) を出版いたしました。自身も20kgやせた著者が教える、姿勢や生活習慣ひとつでダイエットが成功する「やせぐせ®」をわかりやすく紹介。基礎代謝の知識が身につき、知っているだけで意識が変わり、おなかがへこみ、みるみるやせます!

https://www.amazon.co.jp/dp/4074198398

 

●半年でスーツのパンツが3回破けて、ダイエットを決意!

20㎏やせたあと、4回もリバウンドを繰り返した沢田氏が行き着いた、誰でも続けられる超簡単ルールを紹介!

 

【BEFORE】

少しやせては安心し、食欲が増してダイエット失敗を繰り返していた頃。

 

【AFTER】

食事の自分のルールを確立し、モチベーションの保ち方も習得。姿勢を正したことで、リバウンドがなくなった。

<沢田流ルール:食事編>

●野菜から食べ始める
●炭水化物をなるべく控える
●朝起きて1杯、夜寝る前に1杯の水を飲む
●空腹時はチアシードをドリンクに入れて飲み干す
●乾杯はハイボール、大好きなビールは1杯まで
●水を飲んでから、空腹に効果的なツボを押すと空腹感がまぎれる
●よくかんで食べる

♦ある日の食事例♦

朝ごはん
シチュー、バナナ、コーヒーはブラックで。食欲がなくても野菜やフルーツをチャージ。

昼ごはん
ぶり大根、ゆで芽キャベツ、麦ご飯、みそ汁、いちご。自宅での和食ランチ。

忙しい日は・・・

玄米や麦をまぜて炊いたご飯をおにぎりにして持っていくことも。コンビニやファストフードのスナックに手を出さなくなった。

晩ごはん

外食。肉と野菜たっぷりの鍋。〆は極力控えめに。ビールは1杯のみ、あとは焼酎で。

<沢田流ルール:生活習慣編>

●猫背にならないように気をつける
●背中の筋肉を使うように、手を大きく振って歩く
●すわるときは常に腹筋・背筋を意識する

♦実践! 無駄のない簡単1分トレーニングを習慣にして、生活の中でダイエットしよう!

●お得な知識を知ってやせる、「やせぐせ®」一問一答!

■ハイボールとウーロンハイ、どっちが太りにくい?■

答え:ウーロンハイ
(どちらも低糖質だが、脂を分解できるウーロンハイは効果的)

 

■炊きたてのご飯or冷や飯、どっちがダイエットに効果的?■

答え:冷や飯
(含まれる『レジスタントスターチ』に注目!)

 

■8~10時間or5~7時間、やせやすい睡眠時間はどっち?■

答え:8~10時間
(睡眠時間は長い方がやせやすい、成長ホルモンや代謝アップも)

 

■朝or夜、やせるための運動はどちらがいい?■

答え:朝
(交感神経が亢進し、代謝が上がるから)

 

●1回1分! 指で押すだけ、小顔になっちゃうツボってドコ!?

「あごの先」を親指でぐっと押す
→「唇の下」を同じように親指で押す
→「フェースライン」に沿って、あごから耳下まで3回に分けて押す。

 

【コンテンツ紹介】

Part1  SOSを解消して美しいやせボディを手に入れる、知恵袋
Part2 やせるならどっち!? 知ってやせる、一問一答
Part3 1回1分! セルフ小顔矯正&セルフ耳ツボ

 

【書誌情報】

『人生が変わる、読むやせぐせ®』
沢田大作 著
本体1300円+税
B5変型
ISBN978-4-07-419839-9
https://www.amazon.co.jp/dp/4074198398

 

【プロフィール】

沢田 大作 さわだ・だいさく
巣鴨総合治療院・整骨院グループ総院長。リオ五輪の男子ゴルフ日本代表選手のトレーナー。これまでに11万人以上を施術し、実践と知識を兼ね備えた「ゴッドハンド」は、音楽プロデューサーのつんく♂氏やプロゴルファーの片山晋呉氏などにも支持されている。

 

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社主婦の友社 広報・宣伝課
TEL: 03-5280-7577 pr@shufutomo.com