その描写に「これは飯テロ!」と、ラノベ界に旋風を巻き起こしたグルメファンタジー 「異世界食堂」TVアニメとして2017年夏、放送決定

 この度、主婦の友社が発行するライトノベル「ヒーロー文庫」の、大人気シリーズ「異世界食堂」のTVアニメが、2017年夏に放送することが決定いたしました。あわせて、ティザービジュアルの解禁、公式サイトや公式ツイッターも始動いたしました。 
 先に発表した「ナイツ&マジック」とともに、この夏「ヒーロー文庫」から2本のTVアニメが放送となります。

 

「異世界食堂」は、WEBサイト「小説家になろう」で好評を博し、ヒーロー文庫から2015年2月に書籍化され、現在3巻まで発売中です。物語は、オフィス街に近い商店街の一角にある、創業50年の食堂「洋食のねこや」が舞台。どこにでもありそうなこの洋食屋の猫のプレートがかかった扉は、週に一度、“特別営業”の土曜日だけ「ある世界」とつながります。異世界の様々な場所に出現する扉を通してやってくる、生まれも、文化も、種族すらもバラバラな「向こうの世界」の客たち。そんな彼らが分け隔てなく料理に舌鼓を打てる、不思議な空間がこの店の“魅力”です。この店で生まれる、異世界と現代、食堂に集う人々と店主、そして料理との一期一会が描く温かい出会いの物語にご注目ください。

 

アニメーション制作は「ストライク・ザ・ブラッド」「バカとテストと召喚獣」など、 ライトノベル原作を数多く手がけるアニメスタジオSILVER LINK.が担当し、監督は「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!」で初監督を務めた神保昌登氏。本作ではさらにシリーズ構成も神保監督自らが担当します。バラエティーに富んだ異世界からの来店客たちを、魅力的に描きます。

今回、さらにアニメとしては初のイラストとなるティザービジュアルも解禁となりました。美しく幻想的なエルフの森の中に、この作品のまさに「入り口」である「『ねこや』の扉」が描かれています。今後、様々なキャラクターイラストを順次公開してまいりますので、ぜひご期待ください。

 

TVアニメ「異世界食堂」概要

【放送時期】
2017年夏

【STAFF】
原作:犬塚惇平(ヒーロー文庫/主婦の友社刊)
原作イラスト:エナミカツミ
監督・シリーズ構成:神保昌登
キャラクターデザイン:佐野隆雄・佐野恵一
アニメーション制作:SILVER LINK.

【アニメ公式サイト】 
http://isekai-shokudo.com/  

【アニメ公式Twitter】
@nekoya_PR

【権利表記】  
©犬塚惇平・主婦の友社/「異世界食堂」製作委員会

 

累計30万部 ヒーロー文庫「異世界食堂」1~3巻 好評発売中

『異世界食堂1』2015年2月刊 著:犬塚惇平 イラスト:エナミカツミ 本体580円+税
オフィス街に程近い商店街の一角、犬の看板が目印の雑居ビルの地下一階にその店はある。黒い猫の絵が描かれた扉の食堂「洋食のねこや」。創業50年、オフィス街のサラリーマンの胃袋を満たし続けてきた。洋食屋といいながら、洋食以外のメニューも豊富なことが特徴といえば特徴のごく普通の食堂だ。しかし、毎週土曜日の店休日、「ねこや」は“特別な客”で溢れ返る。チリンチリンと鈴の音を響かせやってくる、生まれも、育ちも、種族すらもばらばらの客たちが求めるのは、世にも珍しい不思議で美味しい料理。「ねこや」は、「ある世界」の人たちからこう呼ばれている。―――――「異世界食堂」。そして今週もまた、チリンチリンと鈴の音が響く。
 

『異世界食堂2』 2015年7月刊 著:犬塚惇平 イラスト:エナミカツミ 本体580円+税
「ねこや」に特別営業の土曜日だけの新たな従業員が加わった。名前はアレッタ。生まれも育ちも向こうの世界の、魔族の娘。変わった従業員を新たに加え、店はまたいつものように続いていく。毎週土曜の特別営業。迎える客は異世界の人々。それが―――――「異世界食堂」。そして今週もまた、チリンチリンと鈴の音が響く。

 

『異世界食堂3』 2016年9月刊 著:犬塚惇平 イラスト:エナミカツミ 本体600円+税
こちらの世界とは違う、遠い異世界へとつながる、魔法の扉。その扉の先には、不思議な料理屋がある。洋食のねこや。窓一つ無いのに不思議と明るい部屋の中は見たこともないような内装。出てくる料理は不思議な、されど美味しい料理。どの料理が一番美味いか。時折話題には上るが結論が出たことは無い。彼らは料理を食べて語らい、時に新しい発見をする。故に彼らがこの店に名付けた名前は『異世界食堂』。それが、この異世界食堂で30年繰り返されてきた営みなのである。チリンチリン……そしてまた、土曜日が来るたびに鈴が鳴る。