女性だけが家事を担うワンオペ家事にさよなら!トヨタ式なら家族みんなが家事をする、散らかってもすぐに片づく!

書籍『トヨタ式 家事シェア』発売

 

このたび、株式会社主婦の友社は『トヨタ式 家事シェア』(著:香村薫)を6月29日に発売いたしました。

脱・ワンオペ家事!
「一人だけイライラ」がなくなる
それが「トヨタ式家事シェア」

共働きであっても、おもに女性が家事を担っている家庭がまだまだ多いのが現状。
それに対して、家族みんなで家事の方法を共有し、それぞれができることをしていくのが「家事シェア」。
「トヨタ式おうち片づけ」で人気の香村薫さんによる、トヨタグループのメソッドを家庭に応用した「夫や子どもがモノを片づけられるしくみを作る」「時短に役立つモノ選び」などさまざまなワザに加えて、夫(日本で数少ない男性ライフオーガナイザー)による男性視点からの「夫を動かす魔法の言葉」も加わり、家族全員が片づけ・家事がしやすい生活を実現します!

『トヨタ式 家事シェア』
著者:香村薫
定価:本体1280円+税
A5判 144P
2018年6月29日発売
出版社:主婦の友社

Contents
●Part1:ムリ・ムダ・ムラをなくして「家事シェア」
●Part2:「ムラ」をなくす家事シェアの「しくみ」作り
●Part3:「ムダ」をなくす モノ選びと時短ワザ
●Part4:夫を一瞬で味方につける「魔法の言葉」
●Part5:子どもと家事シェアするために
*チェックテスト わが家の「家事シェア」レベルはどれくらい?
*家事&片づけの悩みQ&A

 

「子どもが3人、仕事もしているのにどうしてこんなにスッキリしているの?」 その秘訣は「ムリ」「ムダ」「ムラ」を省く「トヨタ式」

STEP1 ムラをなくす「しくみ」を作る
【トヨタ式「ムラ」とは】偏りがあり、仕上がりにバラつきがある状態のこと

家庭における「ムラをなくす」とは、家事のしくみを作り、誰でも同じことができるようにすること。
たとえば、もめることの多い家事「洗濯」。脱ぎっぱなしの服を洗濯カゴに入れない子どもにイライラ、夫の洗濯物の干し方や服のたたみ方が気に入らずにイライラ……そんな経験はありませんか。
そんなときは「家事のしくみ」そのものを見直すこと。香村家では、最新式の乾燥機能つきのドラム式洗濯機を購入。子どもが洗濯機に興味を持つようになり、脱いだ服を洗濯機に入れる習慣がつきました。洗濯物を「干す」という行為もなくなり、「1日2回洗濯して、乾燥後の服をなるべくそのまま着る」ルールを加えて「たたむ」行為も極端に削減。
家電に頼ったり、ルールを作ったりと家事のしくみを根本的に見直すことで、家族へのイライラが減らせるのです。

 

 

STEP2 ムダをなくす「モノ選び」と「時短」
【トヨタ式「ムダ」とは】よけいな動作など、とり除くべきこと

家庭で「ムダをなくす」とは、家の中のモノを減らし、家事がしやすい状態にすること、そして家事そのものを時短するグッズを活用すること。
モノが多いと、「必要なときに必要なモノが見つからない」「掃除がしづらい」など時間のロスが発生します。いらないモノは減らしつつも、時短に役立つモノは導入することが必要です。
たとえばキッチン。料理を作る手間はもちろん、実は「あと片づけ」に多くの時間をとられています。そこで、ガスコンロやなべをできるだけ使わない調理方法を模索。シャープの「ヘルシオホットクック」やライオンの「リード プチ圧力調理バッグ」を使えば、短時間でおいしい料理ができるうえに、片づけや掃除の手間が大幅減。こうしたモノによる「時短」は、家族にとっても効率がよいので、家事シェアには欠かせないステップです。

 

STEP3 ムリをなくす「言葉選び」
【トヨタ式「ムリ」とは】能力を超えた計画

共働きであっても、おもに女性が一人で家事・育児を担っている家庭がまだまだ多いという統計もありますが、「ワンオペ」は家族にとって「ムリ」な状態です。
そこで、家事のしくみや道具を見直したうえで、家族(特に夫)の自主性を引き出す必要があります。
バリバリ働いている男性は、少なからずプライドを持っています。その一方で傷つきやすいデリケートな部分もあります。そこで、プライドを傷つけず、自主性を刺激するような言葉やしかけが必要なのです。
たとえば「なにか、いいアイディアない?」と相談して、夫のロジカルな部分を尊重し、頼る。「やり方を書いておいたから」と、家事の手順を書いたメモを夫に渡すなど、5つの「魔法の言葉」があります。料理、洗濯、掃除、育児など、どんな分野にも使える方法です。

 

 

香村薫(こうむら・かおる)ミニマライフ.com代表

●愛知県岡崎市出身。子ども3人(小学生、幼稚園児、保育園児)と夫(現トヨタグループに勤務)の5人家族。
●3LDKのごく普通のマンション (築15年)で暮らしている。
●ライフオーガナイザー=「モノを減らして維持するしくみ」を教える、おうち片づけの専門家。ミニマリスト。
●大学卒業後、トヨタグループのメーカーに入社し、24歳で結婚。夫婦でミニマリスト道を突っ走るが、物を捨てすぎて家がからっぽになり、心身に不調をきたす。
●リケジョのため、「何のために片づけるのか」の分析を開始。
●トヨタ自動車やグループ各社では、「トヨタ生産方式」として、ムリ・ムラ・ムダを徹底的に省くことで合理化を進めているが、その考え方をもとに「モノの数を決めて、しくみで維持する片づけ方」を考案。それを「トヨタ式おうち片づけ」と名付ける。
●2014 年、片づけサポート業務の「ミニマライフ.com」 を開業。
自宅で開催しているモノの減らし方講座には全国から受講者が集結。トータル受講者数は1000人を超える。行った片づけ出張サービスは約100件。現在予約は半年待ちに!

●著書
『トヨタ式おうち片づけ』『トヨタ式超ラク家事』(ともに実務教育出版)
●SNS
ブログ https://ameblo.jp/amikarly
インスタグラム @minimalife_kaoru
暮らしニスタ https://kurashinista.jp/ 「香村薫」で検索