若槻千夏さんプロデュース「クマタン」10周年 &絵本デビュー! 『おやすみクマタン』『クマタンとうんち』『たべたよクマタン』 8月31日に3点同時発売!

このたび、株式会社主婦の友社は、若槻千夏著・汐見稔幸監修『おやすみクマタン』『クマタンとうんち』『たべたよクマタン』を2018年8月31日(金)に3点同時発売いたします。

 

若槻千夏さんプロデュースの人気キャラクター
「クマタン」が絵本に登場。子育ての3大お悩みを楽しく解決!

★各画像をクリックするとAmazon.co.jpの商品ページへ飛びます(別ページが開きます)。

https://www.amazon.co.jp/dp/4074341581/

『おやすみ クマタン』

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4074328283/

『クマタンとうんち』

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4074341417/

『たべたよクマタン』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書誌情報

3点ともに

著者:若槻千夏
監修:汐見稔幸
価格:本体890円+税
124×156mmボードブック
2018年8月31日発売

 

若槻千夏さんプロデュースの大人気キャラクター『クマタン』のしつけ絵本が3冊同時にデビューいたします!

プライベートでは2児の子育てに奮闘中の若槻さん。同じ立場のママやパパが育児の悩みを楽しく乗り越えられるようにとの思いを込めて、「トイレが嫌い・うんちができない」「食事の好き嫌いが多い」「寝ない」の育児3大悩みをテーマに、親子で楽しめる絵本づくりを進めてきました。

 

「ねんね」をテーマにした『おやすみクマタン』は、なかなか寝ないクマタンが少しずつ眠くなる様子をリズミカルに展開し、子どもが「寝る」=「楽しい」と思えるように工夫がたくさん。寝かしつけのときの読み聞かせ絵本におすすめです。

 

「うんち」をテーマにした『クマタンとうんち』は、子どもが大好きな“うんち”をキーワードに展開し、子どもが“トイレは楽しいところ”と思えるような工夫を盛り込みました。

 

「おべんとう」をテーマにした『たべたよクマタン』は、食事が楽しくなるような、おいしそうなカラフルべんとうをメインに展開。クマタンが嫌いな野菜を頑張って食べるシーンも加え、子どもたちが苦手な食べ物にチャレンジする気持ちもバックアップします。

 

ママ世代を中心に女性に絶大な支持を得ている「クマタン」と、これまで多数の児童書・育児書を手掛けてきた主婦の友社のノウハウを生かし、書籍の発売とともに今後様々なイベントを開催する予定です。

 

 

『クマタン』ファミリー プロフィール

個性豊かな『クマタン』ファミリー。
絵本の中でもそれぞれのキャラクター性を存分に発揮し、ストーリーを盛り上げています。

 

著者・監修者プロフィール

著者/若槻千夏

17歳の時、渋谷109でスカウトされデビュー。
その年からグラビア界を席巻し、名だたる雑誌の表紙を飾り一躍トップアイドルに。
そしてバラエティー向きのキャラクターがうけ、人気を集める。かねてから興味のあった古着の買い付けを海外で学び、2009年、自身のアパレルブランド『w♥c』(ダブルシー)を発表。デザイナー・プロデューサーとして活躍。2012年には東京コレクションにデザイナーとして参加し、話題に。デザイナーとしても活躍の場を広げている。

2013年同ブランドを退任後、デザイナー若槻千夏の会社「WCJAPAN」を設立。現在は、自身のキャラクター「クマタン」のデザイン&プロデュースを行い、日本のみならず台湾、アジアでもさまざまな企画を展開している。さらに、2015年12月からテレビ復帰を果たし、ブランクを感じさせないトーク力で、バラエティ番組など活躍中。

WCJAPAN
http://wc-japan.com/

KUMATAN公式サイト
http://www.kumatan-wcjapan.com/

 

■■■若槻千夏さんから 発売に寄せて■■■
親になって絵本を読む機会が増えました。読み聞かせをしながら、子どもが喜ぶページ、繰り返し見たがるシーンなどを思い描きながら、クマタンといっしょに親子で楽しめる絵本ができたと思います!

 

監修/汐見稔幸

東京大学名誉教授、白梅学園大学前学長。
専門は教育学、教育人間学、育児学。
3人の子を育て上げ、父親の育児参加を呼びかける。
著書に『0~3歳 能力を育てる好奇心を引き出す』(主婦の友社)他多数。」

■■■汐見稔幸先生から 発売に寄せて■■■
子どものころは、“外でたっぷり遊んでしっかり寝て体を休める”=自然のリズムに合わせた 活動的な毎日を送りたいものです。そうすると ”食べる、寝る、出す”がいいサイクルで回っていくものですよ。