人気育児コミックエッセイ『うちの3姉妹』 29年ぶりに復活する「東映まんがまつり」にて映画化!

「おしりたんてい」「爆釣バーハンター」「りさいくるずー」と豪華4本立て
2019年4月26日(金)劇場公開決定!

 

©松本ぷりっつ/主婦の友社

 

この度、主婦の友社が発行する「うちの3姉妹」(松本ぷりっつ著)は、映画化が決定し、29年ぶりに復活する「東映まんがまつり」にて、4本立て映画のうちの1本として、2019年4月26日(金)に劇場公開されることになりました。

「東映まんがまつり」は、1967年から東映が子ども向け映画をまとめて上映した伝統あるシリーズで、これまで宮崎駿監督はじめ、名だたるアニメーター、クリエイターたちも数多く参加しており、日本全国の子どもたちに夢と希望を与えてまいりました。

「うちの3姉妹」は、2005年に松本ぷりっつ先生が、長女フー、次女スー、三女チーの3姉妹が巻き起こすおっぺけぺーな日常をつづった人気ブログから始まり、2006年には主婦の友社から単行本を発売。その後、文庫版、ジュニア版など書籍化されシリーズ累計380万部を突破しています。2008年からはテレビ東京系にてアニメ放送され、現在も小学生女子から大人まで根強い人気を誇っています。

今回の東映まんがまつりは、「うちの3姉妹」に加えて、絵本や読み物がベストセラーとなり、NHK Eテレで12月1日よりレギュラー放送が開始される「おしりたんてい」、「月刊コロコロコミック」で連載中で10月からテレビ東京系でアニメが開始された「爆釣(ばくつり)バーハンター」、ダンボール工作が動くマカフシギなアニメーション「りさいくるずー」と、いずれも子どもたちに人気爆発中のアニメが大集合しました。

映画化を記念し、主婦の友社では12月以降、関連書籍の『ジュニア版 うちの3姉妹 はじめまして編』『ジュニア版 うちの3姉妹 せつないあーさん編』、おっぺけファミリー新シリーズ『ぷりっつさんち』①~⑤巻を、映画化記念新帯にて出荷いたします。映画公開を機に、子どもたちをはじめ、多くの読者に
「うちの3姉妹」の魅力を発見・楽しんでいただきたいと存じます。

 

映画化記念新帯

 

【東映まんがまつり 各作品概要】 ※各作品劇場版タイトルは未定

「おしりたんてい」 原作:トロル作・絵「おしりたんてい」ポプラ社刊
「爆釣バーハンター」原案:バンダイ、原作:鈴木サバ缶/小学館(月刊コロコロコミック連載)、
企画協力:東映アニメーション
「うちの3姉妹」  原作:松本ぷりっつ 主婦の友社刊「うちの3姉妹」より
「りさいくるずー」 原作:coyote

■配給:東映
■宣伝:ガイエ
■コピーライト:©2019東映まんがまつり製作委員会
■公式サイト:toei-mangamatsuri.jp 
■公式twitter:toei-manga

 

「うちの3姉妹」最新刊

ジュニア版 うちの3姉妹 はじめまして編

全編ルビ入り、持ちやすいサイズで登場。脳内メルヘンの長女フー・5才、マイペース自由人の次女スー・3才、いつもどーんと構えて王様のような社長の三女チー・1才。かわいい3姉妹と、その父と母、祖父母が繰り広げる爆笑の毎日。

松本ぷりっつ:著  定価:本体890円+税 四六判、160ページ 発売中

 

 

ジュニア版 うちの3姉妹 せつないあーさん編

全編ルビ入り、持ちやすいサイズで登場。長女フー・5才、脳内メルヘン、あだ名はおっぺけ。次女スー・3才、マイペースな自由人、あだ名はリベロ。三女チー・1才、家中で最強、あだ名は社長。3姉妹にメロメロだが、怒るとこわい父、おおざっぱでお笑い大好きの母。楽しい家族が繰り広げる、日々のお話。

松本ぷりっつ:著  定価:本体890円+税 四六判、160ページ 発売中

 

 

「ぷりっつさんち」1~5巻 発売中

2012年から始まった新シリーズ。ぷりっつさんちの個性的な3姉妹もそれぞれ小学生、中学生、高校生に。飼っている3匹の猫やトイプードルなども登場し、ますますにぎやかになった「ぷりっつさんち」は、やっぱりおかしなおかしな毎日なのです。

松本ぷりっつ:著 定価:各本体950円+税 A5判 120ページ