ウイルスに打ち勝つために#免疫力を上げよう! 『大丈夫!何とかなります 免疫力は上げられる』 緊急重版&電子書籍期間限定値下げ

 

ウイルス対策として免疫力アップに関心が高まっていることから、主婦の友社はこの度、書籍『大丈夫!何とかなります 免疫力は上げられる』(本体1000円+税、監修:奥村康/順天堂大学医学部 免疫学特任教授、アトピー疾患研究センター長)を緊急重版いたしました。さらにkindle電子版では2020年2月14日(金)~2月27日(木)の期間中、200円(税込み)で販売いたします。

 

本書は、食べ物、生活習慣、ストレスコントロール、ほどほどの運動など、お金をかけずとも日常生活の過ごし方で免疫力アップさせる様々な方法を紹介するアイデア集。軽くて読みやすいハンディサイズなので、ぜひ一家に一冊常備をおすすめします。

 

ウイルス対策に有効なのが、免疫力

手洗い、うがい、マスクによって、ウイルスや細菌が体内に侵入するのを防ぐことは重要ですが、同じく大切なのが、免疫力を上げること。

免疫力とは、ウイルスや細菌などの感染から、体を守ってくれる力。もしウイルスや細菌などの病原体が体に入っても、免疫力が高ければ発症を予防でき、発症しても軽くすませることができるのです。

 

免疫力は20歳前後がピーク

血圧や血糖値のように、免疫力そのものを測ることはできません。ただし、免疫力は20歳前後でピークを迎え、その後は加齢とともに低下していきます。

<免疫力セルフチェック>
1つでもチェックが入ったら、免疫力が下がっている可能性あり。すぐに対策を講じましょう。免疫力は自分で上げることができるし、その方法は決して難しいものではありません。

 

免疫力を上げるには、食生活が重要

免疫の主役を担うのは、白血球です。白血球はいろいろな免疫細胞から成り立っています。そして、腸管(小腸と大腸を合わせた部分)に、体内の免疫細胞の60~70%が集まっています。

ですから、腸内環境を整えることは、免疫力にとっても重要です。1日3回、きちんと栄養バランスのとれた食事をとり続けることができれば、免疫力をよい状態に保てます。そして「免疫力を上げる食材」を意識すれば、さらに免疫力はアップ!

 

 免疫力を上げるのはヨーグルトや納豆、きのこなど

「免疫力を上げる食材」は、いろいろあります。例えば、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内の免疫細胞の働きを高めてくれます。胃酸の影響を受けにくい食後30分以内に食べれば、乳酸菌はしっかり腸に届くので、特別な乳酸菌を含むヨーグルトでないといけないということもありません。

朝食の一品として最後に食べたり、昼食後や夕食後にデザートのように食べるのがおすすめです。免疫力アップや健康効果を期待するのなら、毎日200mlくらいの量をとりましょう。

 
また、納豆も免疫細胞を活性化する食品です。さらに納豆菌には抗菌作用があり、胃酸にも強いので、かなりの率でそのまま腸に届き、腸内環境の改善に役立ちます。また納豆に含まれるビタミンB₂は細胞の再生を促進し、粘膜の免疫力を強化する働きもあります。1日50gの納豆を毎日食べるのがポイントです。

ただし塩分をとりすぎないように、しょうゆなどの調味料は控えめに。薬味として抗酸化作用のあるねぎや、食物繊維の豊富なオクラを加える、血行を促進し体を温める酢をまぜる、乳酸菌の豊富なキムチと合わせて食べると、免疫増強効果はさらに上がります。

 
しいたけ、まいたけ、しめじ、なめこ、きくらげ、えのき、エリンギなどのきのこ類に含まれる多糖類・β―グルカンは、免疫細胞を活性化する作用があり、ウイルスに対する抵抗性、抗腫瘍効果があるとされています。

食物繊維が豊富で腸内環境を整える、ノンカロリーでダイエットにいいなど、健康効果はいっぱい。きのこ類の有効成分を効率的にとるため、さっと炒めるなど、100度以下の熱でスピーディに調理するとよいでしょう。

 

ストレスは免疫力の大敵

また、免疫にかかわる細胞は、心の動きにとても敏感で、「悲しい」「つらい」などマイナスの感情を引き起こすストレスにとても弱いもの。そういったものは、免疫力を下げてしまいます。逆に、「ゲラゲラ笑う」などの楽しい経験をすると、簡単に免疫細胞は活性化して、免疫力が上がります。ストレスをため込まない生活を心がけることも大切です。

 

書誌情報

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトル:『大丈夫!何とかなります 免疫力は上げられる』
監修:奥村康
価格:本体1000円+税
ISBN:978-4-07-438430-3