全日本女子バレー監督はiPadを駆使して32年ぶりのメダルを勝ち取っていた

全日本女子バレー監督はiPadを駆使して32年ぶりのメダルを勝ち取っていた

 

主婦の友新書5月の新刊精密力~日本再生のヒント~ 

 

眞鍋政義:著  定価820円(税込み)

 

株式会社主婦の友社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荻野善之)は、2011年5月9日、『精密力』眞鍋政義:著、定価820円(税込み)を発売いたします。

 

全日本女子バレーボール32年ぶりのメダル獲得の裏には、試合中にもiPadを駆使して注目された眞鍋監督の考える「精密力」があった。そして、ここに日本再生のヒントがある。

 

 

「精密力」とは、すべてにおいて気配りやチェックを欠かさず、細かいことにこだわり、歪みをなくすこと。全日本女子バレーボール監督眞鍋政義は、この力を、まだ根性論の残滓が見られる女子バレーボールジャンルに、大胆にも導入。その結果、個々のプレー精度の向上という小さな変化が起き、その変化が一つのボールを繋ぐ力を向上させ、様々な化学反応を起こして劇的なチーム力のアップにつながったのだ。32年ぶりの世界選手権銅メダルをもたらしたのは、「根性」ではなく「精密力」。正確な時刻表、5分前行動、精密機器製造など、日本人のアイデンティティとも言うべき精密力が、実は「日本再生の鍵を握る」と著者は言う。本書は単なる女子バレー復活ストーリーではない。メダル獲得の理由を解析することで精密力のノウハウを惜しげもなく伝授し、あらゆるジャンルの日本人と「ともに世界で戦おう!」と呼びかける著者の熱いメッセージ本である。

著者プロフィール

眞鍋政義(まなべ・まさよし)1963年8月21日、兵庫県生まれ。大商大附属高校、大商大を経て、86年新日本製鉄(現・ブレイザーズ)に入社。全日本のセッターとして活躍。88年にはソウル五輪に出場。2005年に現役を引退し、同年、久光製薬(現・久光製薬スプリングス)の監督になる。08年12月、全日本女子チームの監督に就任する。

 

書誌タイトル: 『精密力』~日本再生のヒント~ 

著者:眞鍋政義   定価:820円(税込み) 

ISBN:978-4-07- 277842 -5   サイズ:新書判 192ページ  発売日:2011/5/9 

 

■株式会社主婦の友社の概要■
・社名:株式会社 主婦の友社
・代表取締役社長 荻野 善之
・URL:http://www.shufunotomo.co.jp/
・所在地:東京都千代田区神田駿河台2-9

 

この件に関するお問い合わせは下記担当までお願いいたします。

株式会社主婦の友社 広報宣伝課 酒見・長友・大塚 TEL 03-5280-7577 FAX 03-5280-7578